忍者ブログ
HOME > > [PR] > 企業との打ち合わせなど > 松下電工ショールーム見学 RSS   Admin NewEntry Comment
引越し先
  • 2018.11≪
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • ≫ 2019.01
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

いつか行かねば、と思っていた松下電工のショールームに、S社のAさんと一緒に行ってきた。
こちらの参加者は、タカシ・ユキコ・ヒロヤス・ヒデトシ。
ヒロヤスくんはだいぶんショールーム慣れしてきて、ひとりで上手に遊んでいたかと思うと、知らない間に展示製品をいじっていたりします。
ここ松下電工は、ホームエレベーターがあったのが良かったのか悪かったのか、一人でエレベーターに乗って遊んでいました。
子連れショールーム見学は疲れます…

元々は照明の設置イメージを見るのが一番の目的だったとあって、最初に照明を見ました。
部屋の設置イメージはもちろん、廊下の照明・エクステリアの照明の設置イメージがよくわかる作りになっていて、松下電工の製品を買うつもりがなくても、このショールームには行っておくべきだと思います。
廊下については、天井のの中心線にダウンライトを持って来たときのイメージ、中心線から少しずらして壁に近づけ、壁に光を当てたときのイメージ、突き当たりに間接照明を配置し、奥行きの広がりを演出するイメージなどがわかり、我が家にも取り入れようと思いました。

次いで、収納部分を見ました。
収納については、ユキコがとても感心していました。
使いやすさを追求した機能があることはもちろん、これを自由に組み合わせるところがすばらしいという評価です。

収納にも関係がありますが、建具や内装の材質のサンプルも置いてあり、仕上がりの質感や色がわかりやすい工夫もされていました。
しかし、ここで我が家の準備不足が露呈。
内装の仕上がりイメージというものが、まるで共有できていなかったのです。
いや、共有以前に、希望のイメージを持っていたメンバーがいなかったと言うべきか。
「色なんて最後にちょちょっと決めればいいんでしょ」みたいな認識だったのですが、ある程度イメージを持っておいたほうが、図面も引きやすいようなことをAさんはおっしゃっておられました。
そこで、内装イメージの参考になりそうなカタログもいただきました。
内装に関しては、親世帯と僕ら世帯でイメージが異なってもいいと思うので、それぞれの家庭で、どんな内装を希望するのか、事例となる写真をたくさん見たり、話し合いを重ねようという話をしました。

また、見学の前には、S社から最新の図面をいただきました。
火曜日に親と少し間取りの話をしていただいていて、そこで出た要望も落としていただいていました。
この図面をまた叩き台にして、今月の20日に、プランの詰めと今後のスケジュールの確認のための打ち合わせを行います。
PR
postこの記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[214]  [215]  [216]  [217]  [218]  [219]  [220]  [221]  [222]  [223]  [224
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ブログ内検索
バーコード
P R
カウンター
アクセス解析
アクセス解析
最新コメント
最新トラックバック
INH-PROJECT Produced by ヒデトシ.I
日めくりカレンダーBLUE Designed by がりんぺいろ
忍者ブログ [PR]