忍者ブログ
HOME > > [PR] > CMサービス > H社面談 レポート RSS   Admin NewEntry Comment
引越し先
  • 2018.07≪
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • ≫ 2018.09
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

工務店面談も4回目。
見積もりを出してくれたのは4社なので、1巡目としては最後の工務店面談となる。
1巡目と書いたのは、最終的には1巡目に参加していないマリコとユキコにも面談に出てほしいため、最終的に2社に絞った段階で、2度目の面談を行いたいからだ。

さて、H社のレポートは以下のとおり。
先方は営業担当者さん、こちらはタカシとヒデトシ、W氏も同席。
会社の入り口に、「伊澤様・W社長様、本日はお越しいただいてありがとうございます」というウェルカムボードが立っており、非常に印象が良かった。


◎会社について
創業は戦後すぐ。現在はビルから一般住宅まで幅広く手がける。工法もさまざま。
リフォーム事業も行っている。新築よりもリフォームのほうが難しい。

◎構造について
・ 柱形が出る。300?角くらい。柱位置はプランを正式に決めてからになるが、現状の間取りだと店の中途半端な位置(角ではないところ)に柱形が出る。
・ 重量鉄骨は揺れると思っておいてください。地盤の状態や地盤改良の方法で揺れ具合は変わってきます。
・ 砂利で柱を作るような工法も採用できる。家を解体したあとに、杭を撤去する必要がないというメリットもある。この工法を採用し、よく家が揺れた場所での建て替えを行ったところ、以前と比べて全く揺れを感じなくなったという人もいる。
・ 建材(壁・床・天井)とクロスにFFCを加工する。(FFCについてはS社を参照)
・ 外壁はALC50?厚、床はデッキプレートにコンクリートを打ち、その上に捨てモルタルを張って、その上に床材を施工する。

◎ コストについて
・ 1階自宅用トイレの見積に違算がありました。(約38万円アップする)
・ 内装工事には室内の木製建具の工事費用も入っている。一枚板のドアを採用しているので、グレードを下げればコストは半分くらいにはなると思う。
PR
postこの記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[228]  [229]  [230]  [231]  [232]  [233]  [234]  [235]  [236]  [237]  [238
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
ブログ内検索
バーコード
P R
カウンター
アクセス解析
アクセス解析
最新コメント
最新トラックバック
INH-PROJECT Produced by ヒデトシ.I
日めくりカレンダーBLUE Designed by がりんぺいろ
忍者ブログ [PR]